診断

猫の心筋症

猫の心筋症の診断

ここでは猫の心筋症の診断について解説します。 診断は重要 診断はとても重要で、すべての土台です。 何について考えるのにも、まず「今はどういう状況なのか」という現状把握が必要ですが、病気の場合はこれが診断です。診断がはっきりしているからこそ、...
犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症の進行度の診断

僧帽弁閉鎖不全症の確定診断や進行具合の判断はどうやってされるのか説明します。 診断のポイント 細かいところを抜きにして、僧帽弁閉鎖不全症の診断において重要なところを抜き出すと 僧帽弁の状態や血液の逆流(僧帽弁逆流) 心臓のサイズが大きいかど...
犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症の検査

僧帽弁閉鎖不全症の犬の診察でよく登場する検査を簡単に紹介します。 身体検査 見たり(視診)、触ったり(触診)、聴いたり(聴診)して、全身を調べる検査です。いわゆる「獣医さんに診てもらった」というのは、この身体検査のことを指すことが多いでしょ...
犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症の診断の考えかた

あまり重要視されていない印象ですが、心臓病の動物と暮らす飼い主にとって、診断についての知識はとても重要です。ここでは診断に関わる考えかたの説明をします。 診断の大切さ 心臓病と言われて不安になったときほど、大切なのは現状把握、すなわち診断で...
犬の僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症の診察の流れ

「診断が大事なのは分かったけど、どんな感じで診断がされるのかイメージがわかない」という人もいると思います。ここでは獣医療関係者でなければ分かりにくい、診察の流れを説明します。 診察の流れ 診察の流れを大まかにまとめると、以下のようになります...